庭・ガーデニング

人工芝と自然土舗装を使ったメンテナンスフリーのお庭です。
全体をピンク系統でまとめ、アールのラインを使うことで、よりかわいらしいデザインにしました。


枕木調の模様をつけたコンクリートで園路をしっかりつくり、必要な場所にだけスクリーンをつけて目かくしをしました。


お庭全体をウッドフェンスで囲い、完全なプライベートスペースにして、くつろげる空間にしました。
お庭の中は、シンボルツリーを中心に、雑草対策したスペースと植栽するスペースを区切り、お手入れをしやすくしました。
建物に近い部分を芝にすることで、夏場の照り返しを予防しています。


バーベキュースペースをお庭に配置しました。
目隠しの塀とベンチを一体化させて、スペースを有効活用しました。
使わないときは、花台などとしても利用できます。


自然石を使ったテラスとウッドデッキを設置したお庭です。
どちらも曲線を使い、やわらかい雰囲気に仕上げました。


お庭を広々と使えるように構造物はなくし、土面を自然土舗装をして雑草対策をしたデザインです。
平面的なデザインにも色などを変えてオシャレに仕上げています。


全面芝生だったお庭の芝面積を半分に減らす事で、お手入れの負担がかなり軽くなりました。
お庭を横切る自然石貼りの曲線の園路が、横長のお庭を引き締めています。


植栽をふんだんに使ったナチュラルガーデンです。
道路との境界のウッドフェンスが、より植物を引き立てています。
門まわりは人の出入りが多いので、芝生が傷みづらいよう枕木を敷きました。


玄関までのアプローチの途中を円形にし、中央に高さのある花壇を設置し、メインツリーを植えました。
歩くのが楽しくなるようなイメージで設計しました。


駐車場とお庭の高低差を、芝の法面(斜面)にしたプランです。
ブロック等で土留めするよりもコスト的に抑えられ、見た目もナチュラルで圧迫感もないのでおすすめの方法の1つです。


疑木を使い、お庭に馴染むけれど実用的なガーデンデザインにしました。
疑木を敷いた部分には、駐車することもでき、車がないときはおしゃれなアプローチとして使えます。


グラウンドカバーを使い、リビングから眺めてほっと一息つけるガーデンデザインです。
敷石を配置して、お手入れもしやすいよう配慮しました。


レンガ敷きのアプローチの上に、ウリン材のパーゴラを設置しました。
季節の植物をアプローチ両側に植えれば、歩くのがより楽しくなりますね。
ツル性の植物をパーゴラに絡ませれば、よりナチュラル感がアップします。


道路との境界に壁を立ち上げ、庭のプライバシーを守っています。
壁に曲線を使い、間にフェンスを入れる事で、圧迫感を極力抑えました。


雑草対策として、土の面をできるだけ少なくしたガーデンデザインです。
手入れの必要な場所を限定する事で、日々の作業がとても楽になります。
砂利や舗装の面積が多いですが、ポイントで植栽や芝を入れる事でナチュラル感のあるお庭になります。


タイルテラスからの眺めを重視したガーデンデザインにしました。
花壇の高さを変化させる事で、動きや奥行きを感じられます。
芝の間に園路を設ける事で、芝を傷めず通り抜けできます。


限られた空間の中で、落ち着いたガーデンデザインにしました。
砂利(自然石)が庭の広がりを演出します。


芝をメインにして、すっきり感のあるガーデンデザインにしました。
枕木の色と芝の緑が庭を引き立ててくれます。


なるべく日頃の管理を少なくしたガーデンデザインにしました。
庭スペースに花壇や菜園スペースを入れ、通路を設けてゾーンごとに分けてみました。

.jpg

 

お打ち合せの際にこちらのデザイン集をお貸出しすることもできます。

デザインの一覧にもどる

ベリーガーデンNEWS

■更新情報 
・2/9:工事例を追加しました
・12/15:工事例を追加しました
・9/28:工事例を追加しました





★ご来店時のお願い★

担当者が不在または十分な対応ができない場合があるため、ご来店の際は事前にご連絡ください。
よろしくお願い致します。